読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せらぴんブログ

サークル「せらぴん」のうのはな透です。やっぱり眼鏡っ娘が好き!!

ワールドトリガーのアニメ第5話がヤバい

雑記

今書いてます。
今書きました(@15/3/2)

どんな酷さ?


【SHIROBAKO】第18話 感想…新人声優が一瞬でベテランの演技に!!w音響監督すげえぇぇ!! : あにこ便

SHIROBAKO 18話で似たようなエピソードがありました。

『これ、緊迫したシーンの”敵機だ!!”ってセリフですよ?…なのに4秒も使ってる!!』
『てーっきだーーー(4秒)』

下のpostにもありますが、ワールドトリガーのアニメは全体的に尺を伸ばし気味なようです。

でも5話はそれでも酷いと思うなぁ……

  • 前半は登場人物の8割が「仁さんが本部に来るなんて珍しいなぁ」としか言わない
  • 対する仁の台詞は8割が「エリートですから」
  • 後半はおっさんが重苦しい雰囲気で何も喋らない
  • 喋ったら喋ったで3秒以上開けないとしゃべり出さない

お前らはトークンパッシングか!!

どうしてこうなった

私個人としてはワルトリ5話そのものよりも、『いかにしてこの様なクソ尺アニメが出来上がったのか』のほうが興味あります。

SHIROBAKO 18話に照らし合わせると演出のミスに見えなくもない。
しかし多分演出のせいではないと思うんです。5話はそもそも分量が少なすぎる。
では脚本のせい?
いやいやシリーズ構成のせい?
やっぱり監督*1のせい?

こうして考えるとアニメの制作現場って大変なんだなぁ、と思います。
そして制作現場の苦労に思いを馳せるきっかけとなったSHIROBAKOはやっぱり偉大だった。

*1:東映作品には監督はおらず、シリーズディレクターがいます。